―― 恐怖、恐怖症など、悩み、とらわれの症状について ――



1.対人恐怖症(あがり症)関係
  (社会不安障害も含まれます)
・自分の性格に劣等感を持ってしまう、
・決まった行動パターンでないと落ち着かない、
・人前で顔が赤くなってしまう(赤面恐怖症)、
・仕事や将来に対する不安が強い、
・人前で自分が出せない、
・人と会うのが辛い(対人不安)、
・人前で緊張し構えてしまう(対人緊張)、
・人といると疲れる、
・人と会ったあと落ち込んでしまう、
・人の思惑が気になる、
・人前で手が震えてしまう(書痙)、
・人前でコップを持つ手が震えてしまう(震え恐怖症)、
・人前で動悸がする、
・人に頼ってしまう(依存心が強い)、
・自分に自信が持てない、
・人の輪に入れない、
・雑念や雑音が気になる(雑念恐怖)、
・人の物を盗んだと疑われるのではないかと心配になる(嫌疑恐怖)、
・ほほが引きつったり、ぴくぴく動いて自然に笑えない(笑顔恐怖症)、
・自分の顔が醜いため人から嫌われると感じる(醜形恐怖)、
・人前で緊張し汗が異常に出る(多汗症)、
・手汗のために人に嫌われると感じる(手掌多汗症)、
・人の目を見て話せない(正視恐怖)、
・人の視線が気になってしまう(視線恐怖症)、
・人が信じられない、
・会話の途中でどもってしまう(吃音恐怖)、
・会話が続かない(雑談恐怖)、
・高い所に上れない(高所恐怖)、
・刃物などを見ると人を傷つけてしまうのではないかと不安になる(加害恐怖)
・何度、手を洗っても気がすまない(不潔恐怖
・地震が来るのではないかと不安を感じてしまう(地震恐怖)
・おならをしてしまい、人に嫌がられていると感じる(おなら恐怖症)。
・唾を飲み込む音が人に伝わり、嫌がられていると感じる(唾液恐怖症)など
 
2.不安神経症(パニック障害)関係
・電車や自動車に乗るのが不安である(乗物恐怖症)、
・突然の動悸や、息苦しさ、呼吸困難、不整脈、
・医者に行くと血圧が高くなる(白衣高血圧症)、
・めまい(本態性低血圧症)、
・一人になると不安になる(留守番恐怖)、
・発作的に心悸亢進が起こり、今にも心臓麻痺で死ぬのではないかと恐怖におそわれ、医者を呼んだり、救急車を呼んだり大騒ぎをする。
何回も心電図を取り、異常なしと言われても安心できない。
いつも不安で家族の者と一緒でないと外出もできない(心臓神経症)など
 
3.自律神経失調症(普通神経症)関係
・イベントの前日などに落ち着かず胃の調子が悪くなったり眠れなかったりする、
・夜、眠れるかどうかが不安になる(不眠症)、
・体調の悪さのため安定剤などの薬に頼ってしまう(薬物依存症)、
・脱力感、・倦怠感、・肩こり、
・慢性的な頭痛や頭重、
・自己嫌悪、
・何度もトイレに行きたくなること(頻尿恐怖)、
・不安や緊張により下痢になる、
・目が疲れる、・めまいや耳鳴り、
・少し動くとすぐ疲れてしまう(疲労亢進)、
・胃がもたれる、・食べると吐き気がする、
・グウグウ腹が鳴る(胃腸神経症)、
・何事も自分が人より劣っていると悩む(劣等感)、
・常に身体の不調を感じる(自律神経失調症、更年期障害)など 
 

あなたの悩みをお聞かせ頂ければ、私の経験から少しはアドバイスできると思いますので、よろしければ、下記のアドレスまでメールをお送り下さい。

 hiro19530915@yahoo.co.jp



トップページ 次のページ