―― うれしい時も ――

孤独、劣等感、絶望にいる、あなたへ



あなたは嬉しいことがあった時に、心の中から嬉しいと感じられますか、あなたは楽しいことがあった時に、心底からそれを楽しめますか、もし、そうなら、あなたは心の中に悩みを持っていないと言えます。
これだけであなたは幸せだと言って良いのだと思います。

しかし、私は自分の幸せな状態を素直に喜べないでいました。
自分のような人間は辛く寂しく苦しいのが当たり前なのだと感じていたのだと思います。

孤独や劣等感、絶望といったマイナスの感情にとらわれているというのが、悩みを持った人間の一つの特徴かもしれません。


詩:「うれしい時も」

うれしい時も
たのしい時も
それは自分にはふさわしくない
何か人の家に座っているような
居心地の悪さを感じる
だから
うれしくてもたのしくても
そこから逃げ出したくなる





前のページの表でまとめた症状のいくつかを、もう少し詳しく書きますと、下記のようになります。
いろいろな症状があり、いろいろな悩みがあるのだ、ということを知っていただければ嬉しいです。
そして、このようなことで悩んでいるのは、あなただけではないということを知っていただければ幸いです。

とらわれの具体的な例


パニック障害(心臓発作などに対するとらわれ)
パニック障害は、従来、不安神経症と言われていたもので、よく電車恐怖とか、乗り物恐怖という形で現れます。
たまたま、電車に乗っていた時に、突然、動悸や発汗、息苦しさ(過換気症候群)と言った症状を感じ、このまま死んでしまうのではないか、という恐怖感に襲われ、この経験を境にして、電車に乗ることが出来なくなってしまう、というような形で現れてくるのもです。

外傷後ストレス障害(気分に対するとらわれ)
阪神大震災後に、この症状を起こす人が多く出たというように、本人にとって、マイナスの強烈な経験を受けた後に、抑うつ感と言った症状が現れるものです。

急性ストレス反応(身体の違和感などに対するとらわれ)
たまたま体調が良くない時に、電車の中で心臓が止まるような感覚、動悸、めまいというものを感じる不安発作と言われるもの。
これがきっかけとなり慢性化することによりパニック障害(普通神経症)という症状になります。

強迫神経症(人にどう見られているかに対するとらわれ)
これは強迫性障害と呼ばれることもありますが、いわゆる社会恐怖症と言われる、対人恐怖症、赤面恐怖、過失恐怖、加害恐怖、人見知り、場面恐怖、発汗恐怖、などの症状の現れるものです。
人間関係における安全感、安心感といったものを喪失する結果、人間関係を避け、引きこもりといった状態になることもあります。

普通神経症(健康に対するとらわれ)
これは、慢性的な体の不調を起こす自律神経失調症と言われるものや、手の震え、貧弱な体型に悩む、といった劣等感といった形で現れるものです。




あなたの悩みをお聞かせ頂ければ、私の経験から少しはアドバイスできると思いますので、よろしければ、下記のアドレスまでメールをお送り下さい。

 hiro19530915@yahoo.co.jp



トップページ 次のページ